• ホーム
  • インフルエンザの飛沫感染を防ぐリレンザの使用法

インフルエンザの飛沫感染を防ぐリレンザの使用法

インフルエンザの薬であるリレンザは、服用タイプの医薬品とは異なり、呼吸と一緒に吸入するタイプの特殊な薬です。インフルエンザの感染経路としては飛沫感染などが多くなり、咳などで排出され空気中に蔓延したウイルスを吸入してしまうケースが頻繁に見られます。そのため、インフルエンザの菌が呼吸とともに気道などの粘膜から侵入し、体内での活動を活発化させてしまうのが特徴です。
リレンザというインフルエンザの薬は、粉状の薬を呼吸と一緒に吸い込むものです。この薬の優れた特徴は吸引する事で気道に直接働きかけることができるというポイントで、体内でのウイルスの活性状況を上手く抑制することができ、重篤化しやすい症状を早期に緩和することが可能です。
リレンザは小さなお子様にも使用が可能であることから、抵抗力の低い小児の治療用としても多くのケースに処方されています。またこの薬の薬効がウイルスの繁殖を促す酵素の機能を阻害するものであることから、体内でのウイルスの増殖を上手く抑え、症状を早期に改善させる優れた特徴が見られます。
インフルエンザの感染においては、常時感染拡大に関連する情報を収集し、感染予防につとめる事が大切です。とりわけ、インフルエンザは飛沫感染が多いことから、湿度の関係にも注目し室内の湿度をコントロールして細菌が空気中に浮遊する時間を短くする事が効果的な予防法とされます。インフルエンザの感染予防にはマスクの着用なども大きな効果を発揮しますが、湿度を上げる加湿器などの使用も効果が高く、ウイルスへの飛沫感染を防ぎ、喉の粘膜を乾燥させずに正常な状態に維持する為にも、加湿器などの使用が効果の高い方法とされているのです。